*

ビーンズハウスについて

私たちは大正が昭和に年号が変わるころから
材木屋として木の住まいづくりに携わってきました。

材木屋とは、家をつくる際に必要な材木・住宅資材・建材を必要なときに必要な分だけ
住宅建築現場に運ぶのを仕事としています。

創業以来これまで、何百もの建築業者や大工さんと取引をし、
何千という住宅建築現場に木材や住宅資材・住宅設備機器を納入してきました。
一つの建築現場で最初から最後まで何十回も材料を持っていきます。
家づくりで最も大事なところの一つである「構造(土台・柱・梁)」を納めてきました。
そして、だんだん家ができていく過程の中で仕事をしています。

すると、一般の人にはわからない建築現場の裏側や、
建築業界の特殊事情、建築業者の考え方、お施主様の率直な声も見たり聞いたりします。

「さすが大工さん!」 「素敵な家だな~」 「こんな家に住みたいな~」
と感動する家づくりもあります。

「本当にこれでいいの?!」 「お施主様に内緒でいいの?」
「見えなくなるからって、いいの?」
と落胆する現場もあります。

「あんなところに家づくりを頼んで失敗した!」
というお施主様の声も聞きました。
業界特有の悪しき商習慣や、わけのわからない考え方に何度も悔しい思いもしました。

材木屋は「家づくりのほんとうのところ」を知っています。
良い業者や悪い業者、良い家づくりや悪い家づくりを私たちはたくさん見て経験してきました。
材木屋だから話してくれたお客様の生の声を聞いてきました。
そんな材木屋の経験と知識から、
信頼できる建築業者の選び方についてちょっとお話しします。

abo03bg

いったい誰のための家づくりなのでしょうか?

よく、建築現場を見ていて、ふと疑問に思う時があります。
一生に一度の大金を払う住む人がまったく無視された建築現場があるのです。

「いいよ、どうせ予算ないから」
「いままでこれでやってきたから大丈夫」
「平気平気、どうせ見えなくなるから」

そのような理由で住宅の重要な部分が建築業者の勝手な思惑で
すすめられたり、間違った工事が行われたりしていることがあります。
自社の利益のために見えなくなる部分に手を抜くこともあります。

それは、住む人が本当に望んでいることや
選択したいことを無視して住宅がつくられているということです。
住む人のための住宅づくりではなく、建築業者のための住宅づくりとなっているのです。

住宅が大量生産、大量販売の時代になってからその傾向は顕著になりました。
「売るための売れる住宅」づくりを行い、建築業者は利益追求をするようになりました。
広告宣伝費や展示場維持費・営業マンなどの経費が建築費用の30%も40%もかかる
営業体制でハウスメーカーが大量販売を行うようになりました。

しかし、そのような住宅づくりでよいのでしょうか?

もちろん建築業者も住宅づくりを商売としているのですから、無報酬無利益では行えません。
しかし建築業者に必要な利益追求とは、しっかりとしたポリシーを持って工事をして、
実用性をもった住宅を提供したことに対する「対価(利益)」をもらうことではないでしょうか?

自社の住宅を売るために、
良いことばかり・気を引くことばかりの言葉を並べてせまってくる建築業者ではなく、
誰のための何のための住宅づくりであるかを明確にし、
信念や志をもってつくった住宅を提供している建築業者を見極めなければいけません。

そのためには建築業者の社長に話を聞くことをおすすめします。
そして、その建築業者が建てている実際の建築現場を見ることをおすすめします。

モデルハウスや現場見学会、各種セミナーや家づくり勉強会を
開いているところもあると思いますので、参加してみるのもよろしいかと思います。
その様な場所で社長の話を聞けば、ある程度の判断ができると思います。
ただし、「しつこい営業」は最初に断ってくださいね。
相手のペースに乗らないように気をつけましょう。

abo06bg

モデルハウスや現場見学会を見るポイント

「モデルハウスをたくさん回ったけど、どこに頼めばいいかよくわからないなあ・・・」

そんな声もよく聞きます。なぜでしょう?
ずばり!モデルハウスや現場見学会の家は、モデルの家ですし他人の家だからです。

モデルハウスは来場者の気を引くために、
デザイン重視でかっこよくつくっていることが多いからです。
とうぜん費用もかかっています。(坪単価100万円以上という噂も・・・
完成見学会の家も、あくまでもそこに住む方の家であって、
自分たち家族の生活にあった住宅ではないからです。
ですので、一例として見ることをおすすめします。

そして、見るべきは建物ではなく、建築業者の家づくりに対する本気度です。

単なる「箱」としての建物であったり、
生活上の実用性に乏しいデザイン重視の建物であったり、
ただ広いだけの建物であったり、
建築業者の考え方がその建物に表現されているところがあります。
工法や建築素材、間取り、窓などに、その建築業者がこだわっている部分があると思います。
他の家とちょっと変わった部分がありましたら質問してみるのもよいでしょう。

ただし、あまり「素材」や「設備」「商品」にこだわっているのは注意が必要です。
なぜなら、大事なのは「何を使ってつくる」ではなく、
『どういう生活環境になって、住む人にどういう影響があるのか?』だからです。

メリットばかり見ていてはダメです。
デメリットの部分を説明してもらい、理解することが大事です。
ものごとには必ずメリットとデメリットがあります。
将来重大なデメリットにならないよう、スタッフにしっかりと説明してもらうことが必要です。

abo09bg

本気になってぶつけてみると

家づくりをお考えの方も本気になってください。
多くの方が「何のための家づくりなのか?家をつくる目的は?」
見失っている場合があります。

予算が限られるのはもちろんですが、単純に「坪単価」や「価格」で住宅づくりを考え、
『お金を払うから全てを業者に任せます』では困ります。
半生を犠牲にする大金を払うのだからこそ真剣になって考えなければいい家はできません。

住宅をつくる「目的」を明確にしなければ成功への道は開かれないのです。

「営業マンが気に入ったから契約します」
営業マンとしては最高に嬉しい言葉かもしれません。
業者との信頼関係なくして住宅づくりの成功はありません。

しかし、提供している住宅の実用性、住宅のつくりかた、お客様に対する想い
重要なポイントです。営業マンの人柄だけでは良い住宅づくりはできません。
ましてや契約までしか参加しない大手ハウスメーカーの営業マンでは
なおさら不安が残ります。

家族みんなが生活し幸せな家庭を築く場所をつくるのですから、
本気になって住宅づくりを考えなければいけないのではないでしょうか。

単なる建物のデザインや工法ではなく、
本気になって家族の幸せや夢・希望・将来の生活を考え、
その考えを建築業者にぶつけてみてください。

自社の建築の特色や設備・工法の説明だけをしてくる業者もいるでしょう。
きちんと聞いてくれて、住まいづくりの方向性を示してくれる人もいるでしょう。
住宅に対する基本的な考え方ができていて、
「ひきだし」をいっぱいもっている人もいるでしょう。

その対応で建築業者の考え方や実力・お客様に対する想い
知ることができると思います。

abo12bg

建築業者を選ぶために

様々な建築業者が、自社の建築コンセプトや施工事例などの資料を用意していると思います。
住宅に対する基本的な考え方がわかりますので、まずは資料請求してみるのもよいでしょう。

ただし、くれぐれもご用心。その後に「しつこい営業」が待っている業者もあります。
相手のことを考えずしつこい営業をしてくるところは、相手の心を考えない業者です。
「兄弟が建築会社に勤めているので結構です」とでも言って、きっぱりと断りましょう。

資料ではわかりにくいことやもっと細かいことを聞くために、
社長や大工さんに直接お話を聞くのも効果的です。
社長や大工さんの人柄や考え方がわかりますし、
お客様に対する心意気もわかると思います。
セミナーや勉強会、現場見学会などを開催していたら行ってみるのもよいと思います。

ポイントは担当者や営業マンではなく、社長や大工さんに直接話を聞くことです。
社長や大工さんの話で、自社の建物の特徴のみを話す場合は要注意です。
価格のことや「今ならキャンペーン」などの話ばかりであればもっと気をつけてください。
住宅を単なる「商品」としか見ていない場合が多いですから。

建築現場を見ることも良いと思います。
建築現場にその業者の実力や考え方がでています。
お客様の現場であることを徹底的に意識しているか?
近隣への考慮がされているか?清掃が行き届いているのか?
使っている材料やさまざまな工夫などがわかります。
完成した現場よりも本当に多くの真実が見えます。
社長や大工さん達の考えが現場に反映されているかも見ることができます。

実際にその業者で建てたお客様に住んでみての感想を聞くことも重要です。
体験者ですから貴重な意見が聞けると思います。
住まいづくりの流れや方法、生活への配慮や住んでみての満足点・不満点など、
生の声を聞くことができます。
もし知り合いがいなければ、
その業者にお客様の声を聞けるかどうか頼んでもよいと思います。
いずれにしても、資料や担当者の話だけでなく、
いくつかの判断材料を自分の目・耳で確認してから
建築業者を選んだ方がよいと思います。
特に社長や大工さんなどその業者のトップの人から話を聞くことが大事です。
お客様に対する心意気、家づくりの考え方が伝わってくると思います。
お互い顔を合わせて話し合うことで信頼関係も築けます。

子どもたちが健やかに育つ環境でもあり、
住む人の心や身体を安らげる大事な環境です。
その「環境」づくりに失敗しないよう本気になって住宅づくりを考え、
慎重に建築業者を選んでください。
正しい住まいづくりを私たちは応援します。

abo15bg

家づくりに対する想い

私は、大手ゼネコンでの修業を終え、ついに本格的に「家づくり」への道を歩み出しました。
ずいぶん前から会社は、「材木屋」から「工務店」へと本業を変えていました。

先代が、「材木屋」という立場を生かした家づくりを始めていたのです。
それは、ズバリ木材の流通コストを省いた安価な仕入れによる本物の家づくりです。
本物の木のぬくもりと肌触りを知って頂きたい、地域に合った材料で作った家を
お客様たちに提供したいという想いからでした。

「家」という、家族の方の想い入れが強いものをつくる仕事は、つらく厳しいけれど、
とてもとても楽しいことと思いました。

それは、ある年のことでした。
私と年齢が同じくらいの奥さまが、「土地を買って家をたてたい」という夢をもって
私の所に相談に来てくださいました。
予算はけっしてたくさんある、とは言えない額。

でも、その額はきっと彼女にとって目いっぱい頑張った
「本当の本当に額に汗した貴重な代価」なはず・・・。
そう、彼女は訳あってシングルマザーだったのです。
女の子のお子様を育てながら、本当に頑張ってお金を貯められたのでしょう。

私は、私なりに彼女の希望に添えるように可能な限りの知恵を使い、
努力して提案をはじめました。しかしあるとき、彼女が言いました。
「有名な★★ホームが、○○も△△もついてるのに、
予算の範囲に収めてくれるって言うから・・・」
有名ハウスメーカーが開いた展示会に参加して、そちらに心が動いてしまわれました。
結果、私は彼女に家づくりを託して頂くことができませんでした。

競争の激しい住宅業界ですから、この仕事をしていると、決してめずらしい事ではありません。
選ばれなかったのはきっと仕方ないことなのだとして、二人のことを忘れていきました。

しかし・・・、
私はその二人の親子が建てている家を、よく目にすることとなってしまったのです。
なぜなら、その建設地は会社からの通り道だったから。

それは、家族のためにというポリシーで家づくりを行っているものには、信じられないものでした。
いい加減な基礎の造り方、規格住宅という名のもとに出来るだけ簡略化された造り、
何より、安っぽい本体なのに、こじゃれた装備でお得感を出している。

本当にそれでいいんだろうか!家づくりって!?

私なら、一生背負っていく借金をしてつくった家があれならば、きっと後悔をします。
まして、彼女はシングルマザーで人よりも苦労をするかもしれないのです。

出来る事ならキャンセルしたい、そう思うでしょう。
あれは心のこもった家では、なかった。
「箱」とか、「入れ物」をつくる作り方だった。

私が彼女たちの家づくりに携われなかったからと言って恨み言をいうつもりはありません。
それは仕方のない事なのですから。
でも、「あなたはあの家でよかったの?子供と幸せになれるの?」
私はそう彼女に聞いてみたかった。
他人の余計なお世話だけど、かわいそうだった、あわれだった・・・。

二人にあんな家づくりをさせてしまったことがとてもとても、悔しかった。
本当に余計なお世話だけど、彼女たち親子の未来を考えたとき
私は、いい年して車の中で泣いてしまいました。

私は、自分が世界で最高の家をつくっている・・・なんて思っていません。

でも少なくとも、自分という家づくりのプロが、
心を込めて真剣にお客様の幸せを考えて家づくりをしている。

その点に関しては、誰に対しても胸を張って言える。常にそのために誰よりも研鑚しています。
家族が安心して暮らせる、いい家をつくって欲しい。心の底からそう思いました。

“いい家”の定義なんて、人によって千差万別、100人いれば100通りあるし、
家族の数だけ考えかたの違いもあるでしょう。

でも、家づくりをする人たちの願いと想いはきっと同じ・・・。
丈夫で長持ちすること。
つかいやすいこと。
美しいこと。
家族が笑顔でしあわせになれる家であること。

これは、きっとどの人も同じ、今までもこれからもきっと変わらないこと。

草花にたとえるなら、きっと私は名もない草のような存在かも知れません。
ハウスメーカーの様に華々しい話題性もなければ、
大きな建設屋さんのようにパァッと目立てるわけでもない。
大きな花を咲かせるわけでもない、本当によくある地元の工務店。
そう見えるかも知れない。

私は別に、「パァと一花咲かせてやろう」なんて思ってないし、
有名になってやろうなんて考えていません。
でも私は、この地が好きで、ここに住まう人が大好きです。
しっかりと地元に根ざして、
この地で共に暮らす人たちのために、
ウソいつわりのない家を建てたい、
そんな存在でありつづけたい。そう想う・・・。

私がつくった家に住めば、きっと家族が笑顔で幸せになれる・・・。
・・・いや、そんな事はとても言えそうにはありません。
でも、私はあなたの幸せを、すこし不器用だけど、
本当に心の底から考えてあげる家づくりをしたい。

そんな想いを込めて、「ビーンズハウス」という会社名にしました。
ビーンズ(まめ)は、ひとつではできない、いつでも家族たちとできる。
ひとつのさやに、仲良くいる。その姿はまるで家に家族が仲良くいる様であり・・・。

あなたには、幸せになって欲しい。
あなたの一番大事な人とともに・・・。

企業理念

「住宅会社の仕事は笑顔と幸せ、 そして安心をつくること」

住宅会社の社会的責任はただ家をつくるだけでなく

そこで生活する人たちの幸せそして安心をつくることです。

しかし、昨今のマスコミなどで報道されている
住宅会社の信用を失墜させるような事件、事故。
さらに景気の低迷や価格破壊によって見せかけだけの価格表示や
アフターメンテナンスを全く考えていない住宅会社が増えています。
それは、会社を今、どう生き延びるしか考えず
家を建てる方の将来など全く考えていないのです。

私たちは地域に密着した住宅会社として長年にわたって
地域の人に愛され、育てられる会社を目指していきます。

私たちは受注金額や棟数を競うような住宅会社ではありません。

私たち競うのはお客様満足度です。
そのために、住宅価格について品質、サービスを落とさず価格を下げるために
日夜コストダウンを研究開発しています。

これからも、地域に密着した選び抜かれた職人の技で手づくりの建物を一つ一つ大切にし、
引き渡した後も笑顔あふれる家族の幸せを実感していただくことを第一に考えていきます。

ビーンズハウスのミッション(使命)

私たちビーンズハウスのミッションは
「建物を通して家族の笑顔と幸せをつくる」 ことです。

私たちはただ建物をつくるだけではなく、今まで培ってきた知恵、技術、経験をフルに活用し
そこに住む人や集う人たちが悦び、笑顔あふれる幸せな家族が一人でも多くなるよう
サポート、コンサルティングすることだと思っています。

そんな私たちのポリシーは

・ともに歩み、ともに悦ぶ
私たちはお客様、協力会社、家族とともに歩み、ともに悦ぶことを考え、行動し
お互いにかげない存在として幸せな人生の時間を共有する。

・絆を大切にする
私たちはヒト、モノ、情報とのすべての出会いに感謝し、その絆を大切にし、
時には温かく、時には厳しくお互いに協調し、尊重しあい、winwinの関係を築く。

・王道をすすむ
私たちは一時の損得に惑わされることなく、「継続」こそ企業の社会的責務と捉え、
失敗を恐れず冒険し、自信をもって正々堂々と胸を張ってその対価を得る。

abo21bg

ギャラリー&打合せスペース

beansgal01ギャラリー&打合せスペースには、壁の一部を漆喰や珪藻土で仕上げ、またその色や塗り方の 違いを実際にご覧頂けるようになっています。また、無垢板で仕上げたオリジナルのドア、手づくりの ガラス棚やニッチ、遊び心をかき立てるいろんなデザインやカラーのガラスブロックなど、世界に ひとつだけの家づくりを楽しむ要素や素材が満載です。

スタッフ一同、あなた様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

footbn02

投稿日:

Copyright© ビーンズハウス: 群馬県富岡市の住宅会社 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.